×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性の一人暮らし 一人で出来る防犯は

女性の一人暮らし マンションやアパートなどで出来るセキュリティ・防犯

スポンサード リンク

女性の一人暮らし 一人で出来る防犯は

マンションやアパートの玄関を開けると同時に入られることがないように、玄関を開ける前に必ず周囲を確認することも大切ですね。

そして、自宅に帰ったとたん、安心して注意を怠るらないようにすることは大事です。留守になりがちな一人暮らしですから、表札やポストにフルネームを書くことは避けたほうが良いと思います。

自宅に帰り着いたらホッとしたいものです。女性の一人暮らしは、防犯上の環境が優れた地域や建物を選ぶことと、できれば1階は避けるようにするとより安心度が増します。

エレベーター内でも乗降時には特に注意し、知らない異性と2人で乗ることがなければ、より安心できますし、同性の人と一緒に乗るようにするなどの工夫も大切になってくると思います。

ワンドア・ツーロック以上の鍵を取り付けることや、ピッキング対策やサムターン回し防止のための対策をしておくことで安心の度合いはさらに増しますね。

女性の一人暮らしにはマンションやアパートなど、一人で住む部屋のホームセキュリティ、防犯を意識を持つことは大切なのです。

そこで提案ですが、週に何日か、室内の電灯やテレビ等をつけたまま外出してみることや、タイマーで帰宅時間より早い時間から灯かりが灯るようにする、タイマーを使って音楽などを流したりするようにしてみる、また同居している人がいるように装うよう、ベランダなどに男性用のシャツなどをダミーで干してみる、などすると良いでしょう。また、ポストには必ず鍵をつけましょう。

そして表札ですが、何も書かないか、マンションなどの決まりで書くことなっているときは、苗字だけ書く、もしくはお父さんや兄弟の名前など、男性の名前を書いてみるなどして、あなたが女性の一人暮らしであることを知られないようにすることは大事です。

このようにお話すると難しく感じるかもしれませんが、出来ることばかりです。

女性の一人暮らしの注意点をまとめてみましたので、ご参考にしていただければ幸いです。

安心して一人暮らしができるよう、準備や防犯対策をとっておくことはやはり大切なことですね。